FC2ブログ

2019 夏油TT&HC

うれしいことに2年ぶりにTT(タイムトライアル)復活となり、チームTTも復活。

そうなると、チームTTの4連覇が気になるところ。

今もそのメンバーの一員である以上は、足を引っ張るわけには…

だが今年は諸事情で走れていない。

それでは機材でカバーしようと安易な考えに至り、2台の手持ちをドナドナし、

エアロと軽さを追及したDISCバイクを投入!

速い人はより速く、そうじゃない人はそれなりに。

TT



結果 
チームTT 8:08 V4達成 イエーイ!
TTT3


今年は向かい風が強くて、みなタイムは伸びず。

Jmzさんの提案で上り区間は早めのローテ。下りから平坦区間に入ったら、そこでもローテを試みる作戦。


TTT4

その通りに実行できた結果、ダントツの1位、4連覇を達成することができました。あざーす!

当日の練習だけでイケる、メンバーあうんの呼吸は健在。

機材のおかげもあり、脚をひっぱることはなかった。ほっとしたぜ。

TTT2






個人TTは最後の直線コースでヒヤッとする場面が。

最短のインコースをついて走るまでは良かったが、ちょっとバランスを崩して未舗装の路肩に乗り上げてしまった。

ポールもすれすれに通過して、奇跡的に舗装路へ軌道修正できた。

次はもうちょっと安全マージン取らないとな。


TT1

2位という成績は満足。同カテゴリーで1位のライダーのタイムは、

全カテゴリー内でダントツのタイムなので、致し方なし。

ただ、私と同じベンジとは…    速い人はより速く、そうじゃない人はそれなりに。てか。




夏油レースの1週前に岩木山HCがありましたが、その週は調子がイマイチでした。

疲れが抜けなくて、裏天峰を走って、10分も経たずに脚をつくほどでした。

いやー回復って大事だね、歳を感じた瞬間。


そんな状態だったので岩木山HCにはDNSのつもりでしたが、

実家の弘前に用事があり、そっちがメインで参加することに。

プラス、星のリゾート青森屋の視察も兼ねてレース後に一泊というオプションをつけた。


夏油の週は、とにかく疲れを抜くことと負荷を掛けすぎないように調整。

2週間前から炭水化物は多めに、脂質は控えめで主菜も少なめに。

HC終了後、60kgほどだったので、おそらくレース前61kgくらいと思われる。

emo.png

34−50 12−25 700 100mmステム スペーサー10mm 

夏油HC 年代別 2位 38:43

結果から言うとここまで走れるとは思わなくて、自分でもびっくりです。

今回はケイデンスもパワーも見ずにフィーリングで。


平坦はローテがうまく機能せず、タイムはかなり落ちている。

最初の上りは珍しくペースが緩くて、12、3人と多めの集団が形成。


HC1

このペースは結果的には良かった。

トンネルを抜け下りからの上り返しで、勢いを殺さず、ふるいに掛けるつもりで上る。

余力を残してペースを落とすと、スッとマキ論さんが上がってきた。

ここはきっとペースを上げるはず。

ツライことを覚悟して行ける所まで付いて行こうと、すぐ後ろに付いた。


マキ論さんみたいに高回転で上ろうとしたものの、どことなく疲れてしまいそうだったので、

軽くトルクを感じるくらいに、引き足だけに集中して付いていく。

途中ツライ時間帯もあったが、上ハンを持ったりして呼吸を整えた。

ほどなく次カテゴリーのSHOWA、Mラーくんがゴリゴリ踏んで上がってきた。

マキ論さんがそこに付き、Mラートレインの完成。後ろに4、5人とか。

Mラーくんのおかげで自分の走りに集中することが出来た。(Mラーくん、あざーす!)

そうこうしているうちに、最後の上り口まで付いていくことができた。
(おかげで後半の上りタイムではPBを達成)

最後の上り区間、クライマー、マキ論さんのペースアップに警戒しつつ。


上りセクションが終わったので、スプリント勝負に備えアウターに入れる。

どこで仕掛けるか考えていたら、Mラーくんがペースダウン。

後ろにいたライダーが左側にチラチラと目線に入ってきた。


どこで駆けるか…


最後のスプリントで勝負して負けたら…


安全かつ勝機があるのは…


まだ、意外と脚残ってるし…


INコースが空いてる…


後ろのライダー達はOUTコースを走っている


ここはコーナー中盤  INコースからGOーーー!


後ろにつかれないように加速(したつもり、実際はどうだかわからない)

スピードに乗せ、最後の直線を巡航。

失速しなければイケるか!?


と思った瞬間、物凄い勢いでスプリントする塊が。

私もスプリントをしてみたが、時すでに遅し。


1位のライダーと握手したら、昨日のTT優勝者でした、ヤッパリか(笑)

結果もレース展開も大満足です。


ツノP 年代別優勝おめでとう!タイムもすごいね!
Jmzさん 年代別2位 惜しい!3冠って難しい。
りょうくん 油断したな。次は3冠だよ!
岩大チームも入賞おめでとう! みんな速い。

写真提供、みなさまありがとうございます。

TTバイクの組み立て大変だったと思います、
メカニックのピカ太郎さん、あざーす!


夏油1


この入賞は天国のじぃじぃに。きっと喜んでくれてるかな。

松島や

GWをはずしてお出かけしようと画策してて、

「そうだ、松島へ行ってみよう」

と。


あえて結論から言いたい。

すごく良かった。

水族館1


水族館2


仙台の水族館も想像以上に楽しかったし、仙台にある自転車屋さんでは、レアパーツが手に入ったし、

そしてなによりも宿がとても良かった。

隠れ家的な宿でこじんまりと佇んでいるだけども、

コケや木々、水路が絶妙に流れていたりして、宿に入るまでのアプローチの段階で

やられてしまいました。

宿1


宿2

ロビーも面白い調度品で楽しませてもらい

部屋に入り、向こうの障子を開けると・・・

宿3


おー 松島!


「ここへまた来ます。」

とすかさず中居さんに言ってました。


たまに鳥が飛んでいたり、さえずりが聞こえたり、

ここで飲む風呂上がりのビールが最高だった。



岩波文庫がぎっしりとある書庫の部屋には、僕ら憧れのライトがありました。

リートフェルトの照明。

宿13





嫁が冗談で、晩御飯がイマイチだったら笑っちゃうけどね、まさか( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ってふすまを開けたら…

宿4

また松島ー!

宿5


部屋広い。テーブル素敵。

食器もいい。美味しい。ジャパニーズ ビューティフル。

宿6


嫁もご満悦です。
宿15


宿7


食べきれなかった炊き込みご飯をおにぎりにしてくださいました。
おもてなしも素敵です。
宿10


朝ごはんはあらかじめ時間を決めないシステム。
そのときの気分で。至れり尽くせりとはこのことだ。
宿8


七輪であぶって食べるところはチビたちも喜んでました。
宿9




宿14

本気で帰りたくないって嫁と最後まで言ってました(笑)

またすぐ行きたい。絶対今年また行きます!

大槌HC

出発 4:20発 現地6:50着

今回もナビがイマイチだった。もっと手前から無料高速区間にのれたはず。

そして帰り道の高速道路、盛岡行きの案内がないので、

つい宮古方面にのってしまい、往復する羽目に。

ちょっと考えればわかるんですが、やっぱりわかりづらくないか、案内板。

盛岡行きの案内も出して欲しいと思うのは私だけかな。

大槌HC w


結果46:34 年代別4位

前々日の朝までは順調に59.5kg。2年ぶりにみた50台の数字。

前日は炭水化物多めに取ろうと、川徳物産展のカニ丼ぶりをいただく。

温泉に行きたい衝動に駆られるも、水分を抜きすぎて脚が攣りそうな予感があったので、

やめておいた。ここまでは良かったが…

前日アマゾンプライムで「キングダム」という中東のテロと戦う映画を見てしまい、

興奮してあまり寝られなかった。

あえて体重計には乗らなかったが、レース直後の風呂場で測ったら62.5kg。どうしてだ!?

前々日のスープカレーか?間食のカステラか? 調子よく食べすぎたかもしれない。


今回の狙いは自己更新タイムを狙うこと、あわよくばロキパンのPR45分30秒を抜くこと。

4倍拳で45分台が出る計算。

で、あわよくば3位入賞も目論んで見たものの…


レース前にM論さんと談笑しつつ大槌町内をパレードラン。

(M論さんのNewBike、強い人が乗る黒マットなフレームはかっこいいですね)


回復ぶりを確かながら走ってみると、まだ体の芯に疲労が残っている感じ。
(前日の調整はもっと抑えて走るべきだった)

全回復を5でいえば3ぐらいな感じか。調整って難しい。


スタート。M論さんを先頭(正確には2番手ですが… 集団としては先頭)に自分は3番手に。

9分半ほど付いていくも、ここで一杯一杯になってしまいそのまま先頭3人が先行していく。

私はペースを落とし、回復に努めるも時間が掛かってしまった。

結局、去年と同じ展開でここからはゴールまで一人旅。

しまいにはゴール前で50代の先頭H崎さんに抜かれてしまった。(H崎さんもすごいです)


結果振り返ると、3位とのタイム差は1分。

去年より1W高いトータル240W。60kgオーバーだと4倍にも満たない。


体重、レース展開、風は去年とほぼ同じだったと思う。

それなのに、明らかにタイムが良かったのは、

機材効果だったと思う。あとはエンジンと減量だな。

ただ、4週間前には天峰山に登って途中で足を付くくらいのレベルから始めたわけだから、

上出来と考えよう。一回ダラダラと過ごして、7月に向けてまた頑張ろう。


大槌HC q


M論さん優勝おめでとうございます!

角P3位おめでとう!次は優勝かな!?

同じチームメイトのシニアライダーも大奮闘!
N澤さん、H川さん、2位、3位おめでとうございます!

同日蔵王ヒルクライムでJmzさんが見事50代優勝!
アンビリーバボ、おめでとうございます!
アンビリーバボは失礼だな、練習の質をみれば、なるべくしてなったChampですね。

2019 春 栗駒HC

充電入らずなのと、集合場所付近の交通制限発生ということで、集合時間が1時間ずれ込んだ為、

6時に出発。(あーうれしいよ、充電ルート考えずに済むだけでも)

しかし、ナビがいまひとつ。

1号線から342号線で秋田方面からと思っていたところに、

ショーカットできる40号線を勧めるもんだから、行ってみると麓のところで通行止め。

ナビの再設定をやって、来た道を戻り、正常なルートへ戻った時点で遅刻決定。

焦りながら、会場へ(9時55分着)
くりこま1



快晴 平坦区間はやや向かい風。

結果 総合27位 51:12

エモンダ:XXX2 コンチTTクリンチャー25C 11-28 34-50 普段使いだから楽だよ~

くりこま2
(写真撮る暇がなく、別日ので)

エキスパではケツから5番目。レベル高っ!

3年ぶりに51分台だったのに…
(上り区間は自己歴代3位なんだけどな)

今日は個人TTのつもりで臨んで個人のベストタイムがどの辺か知ること。

序盤の上りはウォーミングアップのつもりで抑える。

それでも、8分267Wも出していたのは意外だった。

後半20分は淡々とペースを刻むことに専念。途中H口さんが加わり、

回す時間帯も。

その甲斐あって、低出力、体重増でもいいタイムであがれました。

そして、DISCと、フレームの恩恵も間違いなくあると確信しました。
(メカニックのピカ太郎さんあざーす!前日にDi2設定も!)

次につながる走りができたので、この調子でいこう。

時間のこともあり、チョコまきは断念。

今も継続してくれているアットホームな記録会はありがたい限りです。

米倉さん、スタッフ、ボランティアのみなさま、ありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。

ミニGW

令和元年のGWが終わりますね。

10連休と言ってもあっという間なんだろうな。


明けから2連休でも、十分楽しいイベントを盛り込んでゴールデンな気分を過ごしました。


我が家の建築をしてくださった設計士ご夫妻との家飲みから始まり、

山トレ、嫁とお気に入りのフレンチ屋さんでランチ、午後はチビ達とサイクリングして、

(予約がなかなか取れないけどたまたま空いてた)居酒屋飲み。

DADAらんちq
ランチ @DADA ホタテのフリット  チーズたっぷりの野菜も美味しい

いちごq
ランチ @DADA いちごのクレープシュゼット
  



天峰q



翌日は山トレ、遊園地、夜は母の日と合わせておばあちゃまと一緒に回転ずしと。

岩山w
@岩山パークランド 

チビ達も大人も楽しんでくれたから、よかよか。