FC2ブログ

2012 鳥海山HC

画像 522
@鳥海山 ゴール付近/レース前日

機材・ポジションの前と変更なし
(決戦用の前輪ホイールは、間に合わず(>_<))

土曜日AM5時半出発。

ナビが無いので、前日グーグル検索で最短ルートを調べ、
順調に横手ICを出て、国道107号線をひた走る。

下調べどおりに32号線へ入ったら、本当に会場にたどり着くのか
不安な道が続く。集落の先に車1台分の幅しかない細い登りの道路。

ん~、戻るにも戻れず(T▽T)

う~んと登り続けると、下りに。信じて進むと、矢島の看板が見えた。
助かった。

9時ぐらいに着く。まだ本部前の駐車場は結構空いてた。

となりの方の気になる会話
「…75歳、…えっ、ひと月2000km走っての?…」

人見知りな僕でも、それにはリアクションを返した。

聞けば、世界中の屈指のヒルクライムに挑戦し、見事完走、
入賞もするほどだとか。

今月号のファンライドに掲載されたというので後日、記念に買いました

10時前、HCコースの試走(距離の短い方)。
最後の3キロはしんどそう。
1時間10分台

すぐに引き返し、TTの準備をおこない、11時30分頃、試走へ。
 新調したTTヘルメット登場。

13分40秒ぐらい。

12時昼食。13時まで横になる。
13時30分、TTコース手前でアップ。
  
14:25 スタート。
    最初の入りはそれほど上げないように。
      
    登りではDHバーを握らず、ステム付近のバーを握る。
    (チャンピオンクラスの選手はDHバーを握っていた)
    
    折り返し地点でオーバーラン。
    後ろタイヤを滑らせてしまった。    
    
    
    もうすぐゴール?と思ったら、また緩い登り
    
    コースのレイアウトがわからない状態。
    
    惰性で下り、ゴール手前でひと踏ん張り。
    12:43 カテゴリー内13位
    169/175 96rpm
    

    上位6名は、12分20秒切り。すごいですね

    その後、チャンピオンクラスのTTを観戦。 
    最初の登りったら、早い早いΣ(゚д゚lll)

    宿泊先へ移動。会場からは30分。

画像+537_convert_20120807145742
生野菜から食べてま~す(´▽`)



画像+538_convert_20120807145711
ざるそばとおにぎりセット

女将さんにとろろご膳について聞いたあとに、コレを注文したらウケてた。

コンビニで朝食のおにぎり2個とカフェオレを購入。


翌朝4:40起床。半身浴をしてから食事。5:30出発し、6時着。6:20にアップ開始。
30分走れるところまで


整列前に、M論さんに声を掛け、お互いの健闘を祈る(゚∀゚ )

8:28スタート

  
  第3集団が縮小。自分を含めて4名になった(=_=)

  最初の給水所では、水をとりそこなってしまった。
 
  残り5㎞。いつもなら気合が入るところで、垂れてきた。

  先に2名が行き、エキップあさだのジャージ(埼玉のM田選手)の方と自分。

  その人についていくのが精一杯だった。
 
  残り3kmの給水所。

  さっきは、頭やら脚にかけている姿を見てどんだけうらやましかったことか。

  頭にかけることは、さすがにやらなかったが、脚にかけてみた。

  右の靴がきゃっぽ状態(水びたし状態)

   気持ち悪いし、右足が重い(>_<)
  
 そこから、ももやふくらはぎが攣り始め、足をつきたい症候群に襲われる。
 
 もはや、目的は足をつかずに完走できればいい、に変わる。
 
 とうとう一人旅。
 
 最後に登場する急坂は、よれよれのダンシングで乗り越えたが、
 
 それでも、まわりの声援を受けて、ゴール前はダンシングで登る。
 数秒は縮んだかな。応援ありがとうございます。

画像 530
@鳥海山 ゴール後

 1:12:48 カテゴリー内21位 160/169 83rpm 

 昼食は、M論さんY田さんと。 裏磐梯でもよろしくですm(_ _)m
 
 そして、鳥海山で出し切れなった分、爆走期待しています。 
 
 減量生活から解放。しばらくは、好きなものを食べて飲もう。
 さっそく、昨日は夜にアイス2個。うまかったぁ(o ̄∇ ̄o)♪   
    

2012 鳥海山TT&HC

ひとまず結果だけ。

TT 12:43 同カテゴリー13位
HC 1:12:43 同カテゴリー21位

TTは目標の15位に入ることができて、
素直にうれしい。

HCはどうやら第3グループにいたようで、過去4レースと比べて、
一番ゴール前で垂れた展開だった。

またすぐにここへ来てリベンジという
気分にはならないくらい疲れたし、ただただ開放感の
気持ちが強い。

それでも、少し時間が経てば・・・。


たくさん書きたいことがあるけど、後日。

四十四田 1周

2,3分だけ本気で走るつもりが、ほぼ1周、ちゃんと走ってみた(´ε`;)
Ave150bpm max162

四十四田ダム1周。

北上HC前の調整時と比べるとフィーリングはイマイチ。走り終えて呼吸が苦しい。


今までも完璧な調整はないし、まぁこんなもんでしょう(o ̄∇ ̄o)♪

玄武洞

画像+519_convert_20120726141224
@玄武洞


おとといの増量から、昨夜はキャベツ半タマ食べて、お肉を少量に控えたみた。
寝る前は60.7kg。今朝は58.9kg Σ(゚д゚lll)

葉ものをたくさん摂ると、いいかもo(^▽^)o


心拍の上限140を目安にダイエット走。

裏春子~玄武洞~帰路 約70km

57.6kgに\(◎o◎)/!

ン~、アイス、天ぷらそば、ケーキバイキング、ラーメン、日本酒、ワイン・・・
もう少しの辛抱(T▽T)

御所湖 ないすミドル

ロング練ならぬミドル練。

御所湖 ノンストップ 6周。
20:40~21:40

その中に3,4周目にインターバルを取り入れる。

もがき40秒レスト1分20秒 ×5


自分に足りないのは、まさにこの強度やねん(゚∀゚)



そして帰りは抜け殻同然だった゚(゚´Д`゚)゚


明日は温泉で休養o(^▽^)o

くりかえす

病み上がりで、さぼりたいところだったが、
休みは来週いくらでも休めるので、
がんばって乗る。

19:29、19:45、20:11、20:27

わかりやすく、徐々にタイム落ち。

このコンディションでよくがんばったかな。





くりかえす

馬返しのみ5本。


風邪が治りきらず、肺が痛い。

でも今はできる限りのことをやろうと思い、6本こなすことを目標に。

5本でギブ(>_<)

12:37 12:52 12:45 12:59 13:03

このあとカレーバイキングへ。
おいしかったけど、コンディション的に行かなきゃ良かったかな。ちょっと後悔。


さらにこのあと、手もみオンリーの整体へいってみます。
左右のバランスを整えてくれるので、楽しみo(^▽^)o

ゆめにみたすべり台

画像 153
@こどもの森

画像 146


せがれと私は、念願のすべり台に乗ることができた\(^o^)/

4回訪れたが、年齢制限やせがれの成長からただ眺めるだけのすぺり台。
いつも気になっていた。

でも、今日は乗れる(o ̄∇ ̄o)♪


せがれ以上にわくわくしながらGO! o(^▽^)o
ウォータースライダーのようなすべり台で意外とスピードが出る。

足でスピードを殺しながら、せがれを抱えてフィニッシュ。

楽しかったヽ(*´∀`)ノ



せがれがもう一度やるというので、2回目の滑走。

ちょっとスピードが出すぎて、体がせりあがる。

ずりっ(・・;)

左腕を擦りむいてしまった。

せがれもちょっと痛かったのか、さっきのように喜ばず(=_=)
ふたりして、そそくさすべり台をあとにした。


一方お嬢さんは、一番下のフロアでマイペースにおもちゃ遊び。

その後は、体育館のような広いところでしばらく遊ぶ。
案外何もないところが良かったりもする。


帰りは、車中でお嬢さん、ひとごねり。
アイスを一口しか食べていないことの抗議のようだ。
今思えば、もう少しやさしくなだめるべきだった(+o+)


改めてチビ達の成長を感じる一日でした(o^^o)♪

走りたい

病み上がりだが、じっとしていられなくて早起き。

40秒+1分20秒レスト ×5

おゲロ吐きそう(T▽T)


でも高強度の練習も必要だと実感。


室内で練習より、やっぱお外がいいやねヽ(・∀・)ノ

あのころのように

画像+511_convert_20120712092821
@網張り/回復走ペースで

裏春子経由 20:03


本当に久しぶりの網張コース。

去年の今頃は、休みながら来たんだよなぁ

なつかしい(o^^o)♪




今日はのんびりと。


心身リフレッシュ。

のはずが、翌日40度近い高熱で人生2度目のダウン(T_T)

2012 夏油TT HC

今回はゆるめにカーボローディングを試してみようと。

朝は軽く炭水化物をとり、練習量をぐっと減らした。
だが、夜は結構食べてしまい、減量はさほど見込めず、60㎏前後を行ったり来たり。

ただ、今までと違うのは、体の一部に筋肉痛や疲労感がないこと。

運動量を減らし、本番は体が動くものなのか。
結果からいうと、想像以上に動けた

初日のTT。
アップは翌日のコースで長い下りのあるところまで、軽く。
(雨が降りだし、風邪をぶり返すきっかけになってしまった)

そのあと、TTコースを1本試走。
9分30秒くらい。

本番。
回転数重視、序盤はとにかく飛ばしすぎないように。

8:33 93rpm 165/172 55.5km/h Ave38.6km/h

初めてのTTにしては上出来。

機材としては、やはり空気抵抗のあるRーSYSを前輪に持ってきたのは
マイナス。(今回それしか無いのでしょうがない)
TTヘルメット。いつかポチッと。

翌日。
4時起床。現地5時30分着。

試走はコース直線で20分弱。軽めに。
スタート付近の登り。
シッティングだけとか、ダンシングのみとか。
ある程度強度を上げて、体に慣らす感じで。

7:40スタート 2列目から。
今日はダンシングを入れて走ろうと考えていた。

前列の選手がダッシュ。
それにダンシングでついていく。
短い登り区間おわりでトレイン3番手。

ふと先頭を見ると、福島プロが牽いている。

しばらくすると、先頭2名は後ろへ下がり、佐々宗のライダーが前に上がり、
再び3番手。

福島プロは先頭を走りながら、女の子やちびっこに声を掛けたり、後ろの人に
ペースはこのくらいでいいですか?と気遣ったり… 感動です。

最初の長い下り先まで、牽いて頂き、
そこから一斉に登りはじめる。

福島プロは早めにダンシング。
ケイデンスは低め。トルクでグイグイ登ってた。

自分もまねをしてみたが、しんどくってすぐにシッティング。
少し先頭集団と離れる。

ペースが落ちそうなところで、再びダンシング。
自滅しそう。

でも、この先の事を考えるとここは頑張りどころ。
トンネルの先に下りがある。

先頭集団に喰らいつくも、登りに入って再び千切れた。
ここでダンシングできず。

ちょっと前を同じカテゴリーのライダー(緑ジャージの方)が走っている。

なんとか追いつきたい。ダンシングしたものの、差が縮まらず、苦しが増す。

ギアを軽くして、息を整える

補給所手前で、一人同カテゴリーナンバーに抜かれる。

焦らず、淡々とシッティング。しばらくすると、その人は後退していった。

緑のジャージの方は、なかなか差が縮まらない。
向こうも必死だ。

ゴールが見えてきた。下ハンに持ちかえる。

コーナーの手前からダンシング。なかなか差が縮まらない。
攣ることはなかったが、いっぱいいっぱいだった。

表彰式で名前を呼ばれるまでわからなかったが、6位入賞!

舞台裏で、M論さんや5位のO森さんと談笑。楽しい時間でした。
(みなさま鳥海山でもよろしくです)

福島晋一プロから賞状をもらい、握手してもらいました。今日からファンです。

同カテゴリーの優勝者は49才。すごいの一言です。

2012 夏油HC

R0013111.jpg
結果 38:39 男子C 6位

初の入賞。やったー!

ゴールしたときは、もっと下位かと思っていたけど、
うれしいもんです。

そして、ゲストライダーの福島晋一さんに牽いて頂いたこと。
貴重な体験でした。

途中、このくらいのペースでいいですか?と聞いてくださり、
「もうちょっと遅くても・・・」と思いつつ、前の方が
ちょうどいいですと、すんなり返答。

なかなかきつい牽きでしたが、登り口までは、
食らいつくことができました。

一旦福島選手は身を引き、登りへ。

初の試みとしてダンシングを。

トップ集団から千切れそうになるもダンシングを入れて
トンネル手前で追いつく。

下り、平坦まで一緒に行き、登りでまた千切れる。

次はダンシングする気力が無かった。

ここでダンシングしたらゴール手前の登りで
撃沈すると思い、シッティングで。
(ここが弱いところであり、課題)

前に一人緑のジャージの同カテゴリーの人が。

付かず離れず。最後の登りに差し掛かり、
後ろから一人追い抜かれるも、しばらくするとその人は後退。

あとは前の緑を抜きたい一心で、ペースを
上げるも向こうも上げている。
(5位:後日談 敢えて後ろを振り返らずにいました、と)

最後はスプリント勝負。差は若干縮まるも
抜けず、ゴール。


また、ひとつの壁を越えたというか、
その次の壁が見えてきた気がします。

福島選手、大会スタッフ、声援してくださった町の方々、
楽しくレースさせて頂き、ありがとうございました。

R0013110_convert_20120708200558.jpg


そのあとは豪めんのつけ麺を食べ、
近所のスーパー内の松ぼっくりアイスを。
R0013115_convert_20120708204215.jpg
格別!

夏油 TT

結果 同カテゴリー5位 総合15位 8:33

上出来だけど、少し欲も出てきてくやしいほうが
ちょっとだけ勝つかな。

同カテゴリー3位とは8秒差。

距離も短いので、この差は大きい。

TTヘルメット、前輪もディープホイールにしていたら・・・。

てなことを考えてしまう。


もちろん、技術的、身体的にもまだまだ向上の余地はある。
なにせ人生初のTTだから。

苦しくも楽しい8分33秒でした。

明日もがんばろう。


もうすぐ

久しぶりにS-WORKSのシューズを履いたら、すこぶる良かったΣ(゚д゚lll)

やっぱり、いい靴なんだと。



初めてのTT(タイムトライアル)

アップや走り終えた感じとか、翌日のヒルクライムにどう影響するのかまったくわからない。

まぁ秋田の(レース)予行練習ということで。



明日、あさってもTUK-TUKのパンでがんばろうo(^▽^)o