FC2ブログ

2014 栗駒HC 春

IMG_1572.jpg
この補給食はいい。

忘れずにいたいので載せておこう。


2位 51:15
R-SYS タイヤ:コンチTT 6.8
12-25(コンパクトクランク) こういうコースは11-25がベターかも

20.33 km
51:16
23.8 km/h
799 m 63.5 km/h
160 /173 bpm
ケイデンス ?


4:15起床 4:30発(9:30受付)

食パンとスライスチーズ、はちみつ、ハム
(レース後も)

北上と湯沢で充電
充電の合間にコンビニでコーヒー買ったり、軽量化できたりで結構良い待ち時間

秋田側から(コース側)  8:30頃ゲート前に着 待ち時間に着替えを済ませる
9時に開いて現地9:20着

20分ぐらいローラーでアップ
雰囲気ではまだ脚が張ってる。今日は踏みすぎないぞと。

今回は20名ずつの3パーティで出走。

メンツ的に同じチーム内で回そうと。

千切るつもりは無かったが、早々にS藤さんと2名で。

Sさん、徐々に荒れた呼吸音が大きくなってくる。

アシストとして僕のペースに合わせて牽いているのが

背中から伝わってくる。

トンネルまで一緒に回し、Sさんがついて来てくれるといいなと思いながら、さらにペースを上げた。

なんか脚が残ってる。

登りでもケイデンスを落とさない、エルドラT田さんから聞いたセオリーとも言える登り方、

それだけ意識して。ケイデンスを落とさないよ…

に…   255rpm!

これって検知してない数字じゃんorz

昨日まで大丈夫だったのに。さっきローラーのときは…忘れた。

えーい、感覚じゃ。

しばらくすると、前のグループのJmzさん発見!

ここでいきなり上げると、自爆しそうなので、じわりじわりと。

追いついたところで、長い下りに。

ローテしながら行くつもりが、Jmzさんがアシストやると言い出して。

ぐいっと前にでて牽いてくれた。

それが余りにも強烈で、千切れる。

「Jーーmーーzさーん」と心の中で叫びながら踏んでました。

なんとか追いついた頃には、結構登りの手前で。


こりぁ、いよいよ垂れてゴールのパターンじゃないぞと。
2人の分までのやつだぞと。

そうは言っても、気持ち論で速く走れるものでもないし、

冷静にここまでの走りを淡々と最後まで続けるのみ。

ケイデンスを落とさないように…


自分でも驚きのタイムが出てしまった。

1,3,5位 ショーワグループ
2,4,6位 ジフニータグループ

Jmzさん、Sさんも入賞 

リザルトだけ見るとチーム戦だね そうなるとJmzさんが同じグループじゃないのが残念

タイムもケイデンスも見ずに走った。スピードはトンネルのところだけ。

たしかトンネル空けが26km/hだろうか。



ここまでやれたのもチーム、メカニック光太郎さんのおかげです。
あと、家族の力も大きいね。感謝です。

今回も企画・運営してくださった米倉さん、スタッフのおかげで、
坂バカ変態集団を楽しませて頂き、ありがとうございました。

HC初戦は良すぎました。この件は1回忘れよう。いや全部は忘れる必要はないか。
走り方はもっと磨いていけるはず。

蔵王待ってろ!