FC2ブログ

2014 宮城クリテ 夏

IMG_1948.jpg
ぱんか〜い。

エキスパ(3.8km×7周)2位
GD:HYP 11-23 コンパクト 7.5気圧 雨

3:30起床 4時発。
盛岡南ICー平泉IC 一関吉野家で2回目の朝食(オメザ的な)  一関で充電
7:20着

エスケープ成功。
その上で入賞。&くまおさん1位!

目標コンプリート!

チーム戦で1位を取り続ける◯◯みちのくさんに一矢報いたいということで、
何人かに声を掛け、テッペンを目指そうという狙いナノダ。


展開としてキャプテンに集団コントロール、ロゼコローレF田さん、サイクルミノルWさん、
の協力もあり、達成できた結果です。
あざーす。


中間スプリントは5周目ということで、3周目に仕掛けるつもりだった。
F田さんと相談し、様子見。

独断で4周目登り終わりに仕掛ける。後ろを見ると集団がついてきているように見えて、

踏むのをやめた。(動画で見たら、決まりかけてたね)

このとき既に脚パン。

が、一度下がったら、その脚パン状態にも慣れてきて脚が動いてくれた。

そのまま集団は中間スプリントでペースアップ。

中間スプリントが終わり、先頭と集団に差ができたので、追いかけてみる。

緩い登りを終えて、中間スプリントを獲ったくまおさんが付いて来てくれることを願い、先頭に出てみる。

すると山形の選手(I藤さん)が上がって来た。

後からマジマジ。

うん、なんか一緒に行けそうな脚質。

でも100%で牽いてる感じ。牽くというよりも行けるところまで踏みますと
言う感じだ。なんか夏油HCの僕を見てるみたいだ。

とにかく逃げを成立するためには、キミの力が必要ナノダヨ

もう少しペースを落とし、ローテを促す。

後ろを振り返ると、みちのくがピタッと。

くまおさんが見えない。まだエスケープが成功しているのかわからなかった。

残り何周だろうか、くまおさんがズゴーンとものすごい勢いで出て来た。

ヤッター、この勢いに乗れれば、逃げは成立するぜ。

エッ、ちょちょ待てよ(キムタク風に心の中でつぶやく)

千切れてるんですけどーーーー

すると山形のI藤選手が上がっていく。
慌ててその後ろにつく。

なんとかくまおトレインに乗車。
そこから3名でローテ。

プラスみちのく2名。
(みちのくはたぶん一杯一杯だったと思う)

ラスト800mくらいからスパート気味にI藤選手が上がって行く。
ちょっと早いなぁ、もったいないなぁと思いつつ後ろにつく。

400mくらいかな、I藤さんはやっぱり垂れて下がる。

すかさず、くまおさんがバヒューンと加速。

差を広げないように踏むも、みちのく2名の姿が見えない、くまおさんの1着を確信したので、

そのまま惰性で走ってたら、みちのくの1名が僕へぶつかりはじき返されていた。

ガシャーン。隣の自転車からチェーンが切れたような音がしてそのまま後退。

おそらく、一杯一杯でがむしゃらに踏んで周りが見えなかったのだろうと推察。
なにも人数少ないところでぶつかるって、ネー。

今日は終始、冷静にレースメイクできました。ジコマンネ。

レース後日談 くまおさんの頭脳プレー感服です。
うしろにいる、みちのく2名を置き去りにしようとスロー&ゴー、スゲー。

次は鳥海。料理アシスタントと…。マジでレースに参戦できないか(リザルトはいいから)思案中。
関連記事

コメント